武庫川がっこう 第7回勉強会 「芦屋川景観」を読み解く

武庫川がっこう 第7回勉強会が「はんしん自立の家」で行われます。

■日時 2014 年 2 月 8 日(土) 14:00 ~ 15:30

■テーマ 「芦屋川景観」を読み解く   -建築から見た河川景観とその展開-

■講師 武庫川がっこう 会員 永松 寛喜さん

■内容

Ⅰ.はじめに

芦屋川散策

Ⅱ.本編

1.河川景観調査の取り組み

2.芦屋川調査の背景

3.芦屋川調査

4.芦屋川の概要

5.芦屋川景観の変化

6.芦屋川調査からの提案

Ⅲ.終わりに

今、考えること

■備考

・芦屋川は、源流の六甲山地から河口の大阪湾まで、芦屋市域を縦断するように流れる。六甲山麓から一気に下る急流であり、中流部では天井川となっており阪神大水害(1938 年 7 月)をはじめ幾度かの水害をもたらしてきた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中